釣りの醍醐味!釣った魚をその場で食べる | 釣り好きのひとりごと

釣りの醍醐味!釣った魚をその場で食べる

魚釣りのだいご味と言えば勿論、かかった魚との駆け引きなんですが、その駆け引きに駆った挙句の自分へのご褒美が魚料理です。

家まで持って帰ってあれこれ調理するのも楽しいのですが、やはり釣った直後の魚の美味しさは格別です。
なのでつい、荷物が増えてしまうのですが、小さな鍋とか携帯用のコンロとか、小型ナイフとか串とか、車で行ける場所だとどうということは無いのですが、電車移動の場合は食欲と二人連れでも、ちょっと重くてかさばりますね。

でもまあ、美味しい魚を食べるためなので準備は怠りません。
勿論その日の釣果を期待しての装備で行きますが、外道しかかからなかった場合は、諦めて家まで持って帰ります。

刺身のつもりの準備で、煮もの料理に適した外道しか釣れなかった場合は、どうしようもありませんので。

新鮮な魚で一番美味しいのは何と言っても、刺身です。
海が汚れていない場合は、刺身にしてその場で食べることが多いですね。

海の塩がいい具合に聞いていますので醤油も必要ありません。
ちょっと怖いなと言う時には、持って行ったコンロを使って串焼きなどにもします。

火を使えない場所もあるので、要注意です。
美味しい魚を目の前にして、釣った当人が叱られてしまって、しかも罰則を食らうのはあまりに悲しいですので。

そして一層美味しく魚を食べるために、勿論主菜のおにぎりなどもしっかり持ち込みます。
磯釣りメインなので周りに人が少なければ、これまた堂々と食らいつけます。

おにぎりに、釣ったばかりの魚の刺身、磯釣りのだいご味の料理はこれにつきますね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする