のべ竿を使った釣りを旅先でするのが楽しみです | 釣り好きのひとりごと

のべ竿を使った釣りを旅先でするのが楽しみです

僕は旅行に出かける際、必ず小型の「のべ竿」を持ってゆくことにしています。
理由は何といってもその「手軽さ」です。

のべ竿はリールを使わないため、後は仕掛けだけ持って行けば、旅先で見つけたちょっと良さそうな水場ですぐに釣り糸を垂らすことができます。
池での小ブナ釣り用や渓流用ののべ竿ならば仕舞い寸法30㎝程度のものがあり、リュックに入れてもかさばらず、また、海でも十分に活躍できます。

僕はこれまで、こののべ竿を持参した旅行で、数多くの魚たちと嬉しい出会いを経験してきました。

高校時代の修学旅行で沖縄へ行った時にはサイクリングの実習中、とある港に自転車を止め、先生に許可を貰ってのべ竿を使ったミャク釣りをしましたが、美しい黄色い模様の付いたスズメダイの仲間や、アカハタの子供などが釣れました。

隠岐諸島の海士町では、日本海の荒波を受ける防波堤で小型ながらも美しいメジナが、
清水の公園の池では丸々と超えた物憂げなコイか、
北海道の根室では冬の気配が迫る海辺で、場所に不釣り合いなけばけばしい装いのカジカが釣れました。

まだまだ思い出せばきりがありません。

「釣り禁止」と書かれていない場所であれば、どんな魚が住んでいるのか気になる、また、あわよくばその魚を釣ってみたいという気になるのは、釣り好きの性分ですが、その探求心を満足させるには、控えめな小さなのべ竿が最も適していると思うのです。

決して本格的ではないし、びっくりするような大物は釣れないけれど、手早く、気軽に、そして控えめに、旅先の魚たちと触れ合える、そんな小粋な魅力が、この釣り方には詰まっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする