富山湾で釣れる魚の変化について | 釣り好きのひとりごと

富山湾で釣れる魚の変化について

暖流に住む魚が富山湾に入るためには、福井県や石川県の沖合から能登半島の北側を通過しなければなりません。
能登半島の北側を通過できない魚は富山湾では釣れないのです。
ですが、海水温が高い年に通過する魚が居ます。

たとえば、アイゴやキビレ、イシガキダイなどです。
最近、新潟県の上越地方から富山湾内にかけてサワラやサワラの子供であるサゴシが釣れています。

このサワラも、以前は、能登半島の北側を通過することができない魚でした。
10年位前から釣れるようになり、現在では、富山湾では、50センチ前後のサゴシが、ショアから狙うジギングの対象魚となっています。

去年頃からさらに新しい魚種が増えました。
なんと、春にコウイカが釣れるようになったのです。
これまで、コウイカはほとんど釣れませんでした。
エギングの好きな人は、わざわざ福井県など能登半島の西側に遠征して大型の春イカを釣っていました。

去年、コウイカの亡骸が漁港内に浮いていたので、とうとう、コウイカも富山湾に入ってきたのかなと予想していました。
今年になり釣り情報でコウイカが釣れているとのことでした。
実際に漁港に行くと、胴長20センチほどのコウイカが釣れていました。

深海の方は水温が冷たいとのことでリュウグウノツカイやダイオウイカなどが定置網にかかりニュースで世間をにぎわせました。
そして、確かにサゴシの数が減り、釣れていない情報が流れていたので、日本海自体の水温が低かったのでしょう。

そして、今年。
海水温が温かく、富山湾でコウイカが釣れるようになったというニュースはあまり聞きません。
非常に珍しいことなのですが、不思議なものです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする