【子供の頃やった変な釣り】防火水槽の金魚釣り | 釣り好きのひとりごと

【子供の頃やった変な釣り】防火水槽の金魚釣り

 元・釣り少年の皆様、皆様は子供の頃どんな釣りをしていましたか?

子供の頃の私は定期的に釣り熱を発症しては変な釣りに凝っていました。
今回はそんな私が子供の頃にやっていた変な釣りについてご紹介します。

 小学校低学年の頃、最も身近な釣り場は近所の用水路でした。
しかし、ある時期の私は用水路には目もくれず近所の防火水槽に足繁く通っていました。
狙う獲物は金魚!当時、近隣の住民達が飽きたり、大きくなって水槽が窮屈になって飼えなくなった金魚を防火水槽に捨てていたのです。
防火水槽では時折、巨大な金魚が水面近くで悠々と日向ぼっこをする姿が見られました。

 金魚は元を正せばフナなので、マブナを釣る要領で簡単に釣れました。
ただし、防火水槽は狭く腕を伸ばせば任意のポイントに仕掛けを落とせるので竿は使いません。
仕掛けは一般的なマブナのウキ釣りの仕掛けを竿に付けずにそのまま使用していました。

餌は家の畑で掘ったミミズです。
市販の練り餌やふかし芋等で釣ったこともありますが、ミミズが一番喰いが良かった記憶があります。

 釣れるのは10~15cm程度の金魚が大半でしたが、たまに20cmを超える大物も釣れました。
防火水槽で最大の大物は30cm近くもある巨大なマブナでした。
防火水槽にはどういう訳かマブナも少数ながら生息していました。
釣り上げた大物の内、気に入ったものはバケツに入れて持ち帰り、家の庭にある1m四方の小さな池で飼っていました。

 家の池が過密気味になった頃、私の釣り熱も冷め、次に釣り熱が発症したときには別に釣りに凝りだしたので、その後、防火水槽に釣りに行くことはありませんでした。

 防火水槽での釣りはまったくお勧めできませんが、皆様も童心を思い出して楽しい釣りライフを過ごしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする