サビキ釣りで防波堤ファミリーフィッシング! | 釣り好きのひとりごと

サビキ釣りで防波堤ファミリーフィッシング!

今日は、簡単で初心者から上級者まで楽しめる、防波堤サビキ釣りについて紹介しましょう!

まず肝心なのが、サバ、アジ、イワシ、デンゴは回遊魚なので潮や時間、季節が合わないと、どんな上級者でも釣れません。
なにせそこにいないのだから。

ではまず季節ですが、一番ベストは秋です。冬は絶対にNGです。
釣れなくはないのですが、釣果が悪いです。
特に防波堤では浅瀬に寄って来る時期と時間帯が、釣果を大きく左右します。

後は、5月~12月までが平均に釣れます。
5~6月は産卵時期とも重なります。

さて、時間帯ですが、基本 朝マズメ、夕マズメが良く、朝は朝日が登るまでが勝負です。

朝日が昇るとスズメダイが目を覚まし、エサ取りの邪魔をします。

夕マズメは日没直前が勝負所です。
これらの時間帯でヒットすると、一時間で50~80匹釣れたりします。

次に潮ですが、基本大潮より小潮の満潮時が良いでしょう。

さらに竿ですが、基本高価な竿を使う必要は全くありません。
必要なのは、長さです。安くてもできるだけ長い竿が有利です。

お子さんは長い竿はNGなので、浮きをつけて投げてあげましょう。

次に針ですが、シーズン初めは一番小さい号数の物を使いましょう。
その後切られるようなら、段々大きくしていきましょう。

針の基本は昼間は赤系 夜は白系がよいでしょう。
では、皆さん頑張ってください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする